ID 1836
place 宮城県栗原市栗駒岩ケ崎
air dose (5cm above) 0.910 μSv/h
air dose (50cm above) 0.350 μSv/h
air dose (1m above) 0.230 μSv/h
size(height x width x depth) 8 x 11 x 5 cm
Cs-134 (MDA) 1205±121(36.00) Bq/kg
Cs-137 (MDA) 9178±918 (67.00) Bq/kg
measured date (sampling date) 2017-10-02 (2017-07-18)
weight 166.90 g
measured time 600 sec.
labs name HIT
detector name Captus 3000B
category of place 広場
type of soil 粘土質
type of contamination 雨樋下
remarks 雨どい無しの屋根から軒下に雨水が環境濃縮。最も高い部分をホットスポット面積とした。
軒下のホットスポット化した面積は、横幅1,400㎝、縦幅90㎝。
サンプリング終了と同時に大雨が降ってきたことで、逆の側の軒下からも側溝に雨水が全て流れていて、土にも流れ込んだ事がわかった。

(消えない夜さんが見つけた場所)
remarks about measuring 周辺空間線量 1m 0.18μSv/h, 50cm 0.19μSv/h, 5cm 0.22μSv/h
ホットスポット直上より2m