ID 1803
place 宮城県仙台市若林区卸町
air dose (5cm above) 0.500 μSv/h
air dose (50cm above) 0.230 μSv/h
air dose (1m above) 0.160 μSv/h
size(height x width x depth) 11 x 11 x 5 cm
Cs-134 (MDA) 428±43(32.00) Bq/kg
Cs-137 (MDA) 3219±322 (45.00) Bq/kg
measured date (sampling date) 2017-10-02 (2017-07-18)
weight 173.00 g
measured time 600 sec.
labs name HIT
detector name Captus 3000B
category of place その他
type of soil 粘土質
type of contamination 雨樋下
remarks 発電設備の屋根からの雨水が裏側に落ちて、その濃縮近くの木の雨水がその屋根に落ちているので、その木の雨水もプラスされている。土が盛られている状態に見えるので、側溝汚泥と環境濃縮両方が考えられる。汚泥の高さ、一番高い部分で、24㎝あるが、全て2011年以降のものであるとは限らない。2011年以降の物は一部であると思うが、どのくらい盛られたか不明。

(消えない夜さんが見つけた場所)
remarks about measuring 周辺空間線量 1m 0.08μSv/h, 50cm 0.08μSv/h, 5cm 0.07μSv/h
ホットスポット直上より2m